南海トラフ地震に注意です。

2012-09-04

南海トラフ地震では、最悪死者32万人というもの凄い震災について発表されました。
その中でも最大死者10万7千人といわれたのが駿河湾沖の静岡県で津波到達の時間は、たったの2分という事で、このデータであると逃げる事はなかなか難しいということが発表されました。
これは一番最悪な想定となっているので、ここから皆の努力で、この数字をどのように
減らしていくかが、これからの計画と行動が必要となってくるのです。

その発表直後にはフィリピン沖でM7.9の大地震が起きて、日本の太平洋沿岸にも津波注意報が出されましたが、2時間後には解除されるということがありました。
薄れかけている震災をもう一度ここで、考え直す良い機会かと思います。

例えば家を耐震性のあるリノベーションをするなど、各々行動があなたや家族の命を守ることになるのだと思います。

不安は正しく持つ事で、普段は楽しく暮らすことが大事なのです。
カラコンでコスプレをしたり、フットサルをしたり、草野球を楽しんだりすることが大切なのですが、そこでも会場やグランドの避難場所がどこなのかを確認をして、常に良い意味での不安を私たちは持たなくてはいけないのです。

それが、地震国の日本列島で住む私たちの義務なのです。

Copyright© 2010 知らなきゃ損するダイエットのこと All Rights Reserved.