暴露、、、?

2012-05-14

良くダイエットサプリメントは効かないという話しを良く聞くことがあります。当然サプリメントを飲んだだけで痩せるわけが無いのは当然なのですが、理由はそれだけでは無いのです。健康食品を作っているメーカーにも問題があるのです。

これは、あくまでも私がメーカーの営業の方から聞いた話しです。

モバイル販売で売られていたダイエットサプリで、1980円で売られている商品の原価っていくらくらいか分かりますか?

すべては、ありませんが500円から600円というのが通常です。そこから問屋に800円から900円で卸されます。そこからショップには1000円から1200円で卸されます。そこから二次問屋に行く場合もあります。これが通常の流通の場合です。

しかし、悪徳業者の流通経路は150円から200円で仕上げ700円から800円で問屋に卸します。その後は上記と同じです。比較していただければ分かりますが原価が350円から400円も違うとなれば自ずと中身に反映されるのは誰でもわかることですよね!

この様な悪徳業者の手法でひとつ共通していることがあります。まず剤型は錠剤ものが多いです。それには理由があります。錠剤を作る際にはとうもろこし由来の固める素材があるのですが、代表的にはデキストリンと言われているものが使われます。デキストリンはダイエットにも良いので決して悪い成分ではありませんが、ほとんどが裏の表記を見ると一番最初に表記をされているのです。

また、パッケージも同じ正方形に近い箱の形を作っていることも多いです。これはパッケージの型を共通にするためで、デザインは女性心をくすぐる派手なパッケージになっています。

成分表記は法律で中身の多い順に表記しなければいけません。だから当然多く入れれば最初に来ますので、その度合いもあるのですがひとつ例を上げると4つの成分があったとしてAが97%Bが1%Cが1%D1%でも表記は多い順なので、Q10サプリでもAがデキストリンでBがQ10でも一般の方は2番目に入っているから、それなりに入っていると思われますが実際にはこの様にして、原価を下げるといった細工をしているのです。

この様な商品に限って有名モデルを使っていることも多く、販売ページも華やかだったりします。逆にページにお金がかかっていない商品のほうが中身はしっかり作られている事が多いそうです。私は、ダイエットティーは比較的にこのようなことは出来にくいので、しっかり作られていることが多いと思います。上記のことはあくまでも例ではありますが、女性の思いを下手にとった悪徳業者がいることは事実です。

上記の商品で心当たりがあるものに出会ったら、そのような商品は避けたほうが良いと思います。安い価格のサプリメント・健康食品には必ず何かその価格に合わすことができる手法で商品が出来ております。それでも価格の安い健康食品・サプリメントを購入される場合は、上記のことを理解したうえで、お求めになられた方がよろしいかと思われます。

 

Copyright© 2010 知らなきゃ損するダイエットのこと All Rights Reserved.