旬をとる、かつての田舎暮らしの食生活とダイエット

2012-10-05

昔の人は現代人ほど、内臓脂肪などが付いていた人は少なかったですし、

意図してダイエットなどしなくても問題はありませんでした。

現代人との大きな違いは、歩行時間なども言われますが、第一に挙げられるのが、食生活の違いです。

忙しいということを理由に、外食などが増え、バランスのとれた食事などをしない人が増えています。

そういった人は、栄養バランスが崩れ、やせ過ぎてしまったり、

太り過ぎてしまったりと健康を害するケースが増えているわけです。

このような状態で、ダイエットすることに警鐘を鳴らす人もいます。

バランスのとれた食事管理によるダイエットならまだしも、大体が減らすことによるダイエットなのであり、

理にかなっているとはとても言えない方法だからです。

そんな中で見直されているのが田舎暮らしの食事です。

季節ごとにある旬のものをとる食事は、時期的に必要なものを補う食事方法であり、

規則正しい生活と相まって健康を取り戻すきっかけになるということなのです。

現代の日本人はジャンクフードの普及により、食生活が欧米化し肉食化してきていると言えます。

かつての田舎暮らしの食生活のような、旬の野菜中心の食生活に戻すことは、

ダイエットにも健康にも必要なことになってきているのです。

 

 

 

 

Copyright© 2010 知らなきゃ損するダイエットのこと All Rights Reserved.